忍者ブログ
This blog is Written by 和水,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.

ここは、株式会社トミーウォーカーのシルバーレインで活動しているキャラ『桐嶋夜雲』のブログです。
心当たりのない方は回れ右で脱出をお願いします。

※ここに掲載されるイラストは、株式会社トミーウォーカーの運営する『シルバーレイン』の
世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
イラストの使用権は作品を発注した和水に、著作権は各クリエーター様に、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
プロフィール
HN:
和水
性別:
非公開
最新コメント
[02/07 水咲]
最古記事
アクセス解析
[PR]
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
10/23 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 風の気持ち良い、晴れた日の午後だった。
 高校という組織に入って二年目の春。
 今だに教室という場に慣れない夜雲が、屋上にてサボりを決め込んでいた所へ、彼 ―― 宮瀬玻璃はするりと入り込んできた。

 寝転がっている夜雲から、ほんの少し離れた場所へと位置取ったかと思うと、おもむろに取り出したスケッチブックを広げる。
 そして、夜雲の存在など露ほども感じていない様子で、ただ一心に風景を映し取り始めた。

 変なヤツ、というのが第一印象。

 先に陣取っている、しかもすぐ傍に位置する夜雲を一顧だにしないのだ。なかなか出来る事ではない。
 腰までの長い髪に、線の細い柔らかな面差しに女かと見紛うが、着ている制服は男子のもの。
 薄い気配に、一般人ではないな、と夜雲は当たりをつける。

「…なぁ……お前、何て名前?」

 声をかけたのは夜雲から。
 何故かと問われれば、気紛れ、としか答えられない。
 敢えて言えば、面白そうな予感がした、というところか。

「ハリ」

 応えは、短く。
 そして漸く向けた視線だけで、夜雲の名を問うてくる。
 深く煙る様な蒼の瞳。微かに混じる紫が、その蒼をより深くしているようだった。

「名前は、と聞かれたらフルネームで答えろよ、一年坊主」

 婉曲に自分が二年だと匂わせて重ねて問い返すが、玻璃はそれを感じ取る風ではなく、ただ首を傾げて、ぱちりと瞳を瞬かせた後、ほんの僅か瞳を細めた。
 表情筋は全くといっていい程動かなかったのに、夜雲は玻璃が笑ったのだと感じた。

「…宮瀬ハリ、と申します」
「どんな漢字だ、ハリって?」
「七宝の玻璃です」
「あぁ」

 頷いたものの、夜雲の頭にはおぼろげにしか漢字は浮かんでこない。
 いずれ分かるかと気に留めず、貴方は?と改めて問う玻璃に名を名乗る。

「桐嶋夜雲だ」
「こんにちわ、桐嶋…さん?」
「夜雲でいいさ」
「では、夜雲さん、ですね」

 今更ながらの挨拶をする玻璃に、思わず笑いながら夜雲は答えた。
 不思議と、桐嶋と呼ばれていつも感じる違和感はなかった。
 だからそのままでも良かった筈なのに、気付けば名を許している自分がやたらと可笑しくて、ひたすら笑う。

 どうやら、玻璃を気に入ったらしい。

 と、夜雲が自覚したのは、玻璃がスケッチを終えた頃の事。
 夕日が傾くそんな時間まで、殆ど会話らしい会話もなく、それでもノンビリとしていられたという事実に気付いた時である。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31